忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/09/22 21:57 |
悪夢の人間ドック part4
今日は国公立入試の直前とあって、とにかく質問が溜まりまくってたので、一日中小論文と記述問題の添削に追われてました・・・

まあ、今日はそれでもまだ、それなりに筋の通ってる文章が多かったから、ある意味楽だったかも。

本当に、結論部分に「いじめをなくすためには、クラスのみんながお互いを思いあって仲良くすることが必要だと思います」なんて、平気で書いてる子いますしね・・・(;´д⊂)
小学生じゃないんだから、もう少し具体的に書こうよ!!

と愚痴ったところで、とうとう人間ドック最終回です!


全開前回までのあらすじ】
ちいすけは生まれて初めての人間ドックへ。
下着屋の店員もビックリ!「♪~寄せてあげて~もーっと上~げて」のマジックハンドを持つ検査技師と出会ったり、ちょっぴり宇宙飛行士気分を味わったりするうちに、なんとか人間ドックからの帰還を果たしたのでした。


【続き】
Riririririri---!!!
目覚ましが鳴りました。朝です。八時です

・・・え!?朝!?

そうです。私は昨夜一度も目覚めることなく、無事に朝を迎えてしまったのです!!!

・・・無意識のうちにトイレ行ったりしてないよな???

さすがにまずいのでは・・・お気楽な私にも、ちょこっと不安の芽が芽生えます。

出勤の用意を整えると、念のため病院に電話してみます。

私:「昨日人間ドックを受診したちいすけですが。バリウム出ないんですけど、どうしたらいいですか?」
病院受付:「え!?すぐにこちらに来てください!」

・・・え!?なんかちょっと受付の人、びっくりしてたような???
ひょっとして、ヤバい?

病院受付:「受付に来ていただいたら、すぐに診察できるようにしますので」
このセリフで、緊急事態確定です!!!
もともと小心者の小市民な私。「は・・・はい」と小声で返事をすると、小雨の中、病院までダッシュしました。


病院に着いたのは九時少し前。外来診察は九時からです。
そして九時を少し過ぎた頃、内科の診察室に呼ばれました。

先生:「本当に出てないのぉ?」←小声でささやくようなスローモーな話し方
何だかアライグマとナマケモノを足して2で割ったような、恐らく50代の先生です(;゜д゜)

私:「親指の先くらいの量は出たと思うんですけど・・・。あとはサッパリ」
まさか記憶を喪失してるなんてことはないと思うので、バリウムの大部分は残っているはずなのです!

先生:「とりあえずレントゲンだねぇ」

昨日の検査技師の先生に、「バリウム出ないんだって?」と言われながら、胃のレントゲンを撮りました。
・・・うぅぅ。飲ませたのはアンタでしょーッ!!
とももちろん言えないので、大人しく「そうなんですよ・・・」と答えておきます。←いえ、いい人なんですけどね、技師先生・・・

現像されたレントゲン写真を前に、先生が呟きます。
先生:「本当に詰まってるねぇ・・・」
・・・だから来たんですってばッ!!!

右わき腹の辺りに、影になって塊がウジャッと写っています。もちろんコレがバリウムでございます(;゜д゜)
素人の私が見ても「おぉスゲーッ」と言ってしまうような、見事な詰まりっぷりです。

先生:「出ない人には浣腸するんだけど・・・」
私:「はい?」
・・・浣腸!?この歳になって、しかも手術でもなんでもなく、バリウム詰まったからって浣腸ですか!?
さすがにイヤー-----------ッ(TдT)

先生:「だけど、かなり奥だしねぇ・・・。高圧浣腸もねぇ・・・」
私:「は・・・はぁ!?(高圧ッ????)」

高圧浣腸。この響きだけで、もちろん想像は膨らんでしまうのです・・・(;゜д゜)
細いノズルを奥まで差し込んで、すごい勢いで薬剤を注入する・・・とか!?
いや、その前に、看護婦さんにされるんだよな・・・・。若い人だったらどうしよう!?おばさんキボンヌ~ッ!!

このときの私の妄想は、土屋教授に迫っていたかもしれません。
が、

先生:「・・・届かないだろうねぇ」
・・・拍子抜けです。
妙な間を持たせずに、続けて言って下さい・・・_| ̄|○

先生:「しょうがないから、強力な下剤を飲んでもらいますねぇ。大腸検査の前に飲むやつですぅ。かなり苦しいと思いますけどねぇ・・・フフフ」
・・・フフフってなんですか、先生!?

私:「どれくらいで出るんですか?」
先生:「大体飲んでから20分くらいですかねぇ」
この時はまだ、出勤するつもりでいた私。暢気なもんです・・・・


看護婦さんに処置室という部屋に連れて行かれ、薬の飲み方を指南されます。

看護婦:「コレを飲んだ後、こっちの水を全部飲んでください。そのあと30分後に、もう一回同じ量を飲んでもらいます」

はい。簡単そうに聞こえますよね。言われてる事は簡単です。

が、
一回に飲む水の量、1リットルですッ!!!
簡単じゃねぇ~ッ!!!!!
30分後にもう一回って、1セット2リットルですかぁ!?

しかし飲まざるをえません。ここで飲まなければ、腸詰まり女になってしまいます(←すでになってる!?)

うぇッ!おぇッ!
まずーーーいマミィのような味と見た目の薬を200MLに、水を800ML、頑張って飲みました。
30分後、もう一度飲みました。さらにキツイのは言うまでもありません・・・・

でも、もう20分もすればスッキリ爽快!生まれ変われるんだわ~♪
高々水を2リットル飲んだくらいで、ちょっとおかしくなっている私。

キュル。
キタ--------------------------((((゜Д゜;))))
トイレに直行です!

(自主規制)
さすがに強力なだけあって、完全に水っ腹だわッ
颯爽と立ち上がり、便器を見る私。

・・・・?

私の体から出たものは、下○状のブツではなく、完全な水でした・・・_| ̄|○
まあ、薄いバリウム色でしたが。

その後一時間の間に3回ほどトイレに行きましたが、結果はすべて同じ。


先生:「出ないのぉ~?」
私:「固形物は出ません(TдT)」
先生:「うーん・・・」
本気で困っているらしい先生。

そこへ隣にいた看護婦さんが、悪魔の一言をささやきました。
看護婦:「さっきの薬、もう一回飲んでもらいましょう」

えええええええええええええええええええええええええええええぇぇぇ!?

抵抗できるはずもなく、再び処置室送りです_| ̄|○

どうやら半分の量でいいらしいですが、それでも1リットル。
いい加減オェッって感じですが、飲まざるをえません、やはり。

本気でえづきながら、飲み干しました。

今度はひたすら水分補給をしながら、廊下をぐるぐる歩き回るように指示されます。
この時すでに12時前。3時間が経過しています。
今思えばこの期に及んでって感じですが、「会社には昼過ぎに行きます」なんてまだ会社に行くつもりで連絡していたりして・・・・

この後3時間、診察室前から裏を通ってリハビリセンター、待合室、玄関、診察室前というループコースを設定し、ひたすら水を飲み、歩き続けました・・・・(TдT)

多分、ほとんどの人に落ち着きのない変なオンナがいると思われてたと思います・・・・

トイレには20回は行きました。もちろん出るのは水ばかり。
飲んだものがそのまま排出されてるわけです。

途中、すっかり顔見知りになってしまった看護婦さんたちに、「かわいそうに・・・」「出た?」などと声をかけられる恥ずかしさを我慢して歩いていると、やっと診察室に呼ばれました。


先生:「もう一回レントゲン撮ってみようか」

本日2回目のレントゲンです。
写真が目の前に貼られています。

ちょこっと移動していますが、塊はそのまましっかり残っています。

先生:「フフフ・・・どうしようかねぇ・・・
どうしようかねぇって・・・・シロートに聞かないで下さいッ

そして再び、半ば独り言のように呟きが・・・
先生:「こんな人はバリウム飲んじゃいかんよぉ。次は胃カメラにしなさいねぇ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それを一番知りたかったのは私ですッ!!!!!


しかしもうどうしようもなく。ひたすら水を飲むしかありません。
そして看護婦さんのとどめの一言。

「まあ、腸自体が詰まってない事は確認できましたし(笑)」

切ない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・_| ̄|○


このあと3回目のレントゲン。だったんですが、放射能浴びすぎなので、今度は「胃透視検査室」に連行です。

もちろん、今度は既にお腹にバリウムが溜まっているので飲む必要はありません(涙)

先生と技師先生と看護婦さん二人が、私の腹の中を見ながら四人で相談しているようです。
台に寝かされたまま、結構放置されてました。
今度はモニターもなく、見えるのは天井だけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・グボッ

(!?何だ今の音は???)
慌てて目を開けます。

いえ・・・・・・、目を覚まします。が正解です
あまりに放置されてて、どうやら私は軽く眠っていたようなのです。
グボッは私のいびきでした((((゜Д゜;))))

・・・・・・・・・・・結構大物かもしれません。

その日は、モノがでないまま外来終了の6時半まで、病院に缶詰でした。

結局相談の結果、やっぱり下剤しかないという事になったのか、帰りに新たに違う下剤を出され、飲み方をまたまた指南されました。

先生:「普通は飲み物に10~15滴なんだけどねぇ、ちいすけさんは効かないだろうから60~75滴で

看護婦:「もし万が一体がおかしくなったら、夜中でもいいですから必ず来てくださいね!!」

私:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


この日私は、家に帰ってからも2リットルのミネラルウォーターを飲み干したのです。
取った水分6リットル以上!!!
さすがにこれだけ飲むと、何も食べてなくても、お腹は空きませんでした・・・

翌日、レントゲンを撮ると、大量の水に少しずつ溶かされて、なんとか大事に至る(もう十分大事に至ってたと思うけど・・・・)ことなく、バリウムは消え去りつつある事がわかったのでした。 めでたしめでたし

ちなみに70滴の下剤を飲んでも、全く腹痛は起こりませんでした!!!!
何年かに一回飲むコー○ックはちゃんと効いてたのに・・・・・


おまけ。
画像は三日前に届いたこのときの検査結果の一部です。        



一体これはいつですか!?


                                               
PR

2007/02/24 00:45 | Comments(2) | TrackBack(1) | 日記・雑記

トラックバック

トラックバックURL:
腸内に入ったバリウムですが 胃のバリウムと同じく 出ないとやばいです 事前に、ラキソベロンという液体の下剤を処方されました それを検査後(本当は寝る前に)3mlを水にとかして飲むのですが 3mlって通常の3倍の量です 激しい腹痛にならないのかと不安ですが 医者から「しっかり出してください!」と言われたので しかたなく3倍の量をのみます 効くのは7時間後 ごろごろしてきてまっ白い便がいっぱいでました 中にはちょっとやわらかくなっていました 水分をたくさんとって便をやわらかくするのがよいそうです 1日た...
大腸内視鏡検査~ポリープ切除の体験談~| 2009/08/18 13:07

コメント

どうも~面白いですね(^.^)
これ、ドキュメントとして残しておきたいですねぇ・・・
まぁちいすけさんにとっては不本意かもしれませんが(笑)
自分は下剤と名のつくものはやたらと効くのでありえないような
話なんですが、でも怖いですね(+_+)
今日は国公立二次試験当日です!でも
自分はのんびりゲームしようかと思います。
>゜)))彡 魚~
posted by tomokichiURLat 2007/02/25 01:36 [ コメントを修正する ]
Re:_・)ぷっ・・・
面白く読んでいただけたようで幸いです^^;

私も下剤はこの時以外は効いてた筈なんですけど・・・
あれ以来、怖くて当分下剤は飲まないと思いますが。

ちなみに、今日初めてコメントへの返信の仕方を知りました(笑)
今まで管理人自身も、皆様へのお返事にコメント形式を使っていたのは、単に方法を知らなかっただけです・・・汗
2007/02/25 23:24
笑っちゃならんのですが、けらけら笑ってしまいました、すみません☆
おなかもきっとびっくりしてたことでしょうね~。
なんででもバリウムはびくともしなかったんでしょね。不思議不思議。

人間ドック恐るべし。
参考にさせてもらいます~(・(ェ)・)
posted by まつ みなこat 2007/02/25 23:10 [ コメントを修正する ]
Re:(^^;)
参考にしてもらうような状況に陥らない事を、まずお祈りしています(笑)

私もこんな体験は二度としたくありませぬ・・・
一度目ならネタにもなるけど、二度目はもう面白くないですから~(え?)

でも次回の胃カメラでも、何か起こりそうな気がしてなりません・・・ビクビク((((゜Д゜;))))
2007/02/25 23:27

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<○○家の人々 | HOME | 悪夢の人間ドック part3>>
忍者ブログ[PR]